経済産業関芳弘副大臣へのブリーフィング

アーキテクトグランドデザインの豊崎さんが、デジタル社会を如何に作り上げて行くべきか、提案に来て下さいました。
優秀な半導体技術者です。
今、AIやIotを駆使して、society 5.0を進めていく中で、社会のシステム構築を俯瞰的に創造して行く際の、示唆に富んだお話を聞かせて下さいました。
世界各国の最先端技術の進捗や、取組実態などを分析、そこから考え得る日本の最善の方針のあり方など、非常に深い内容でした。
私も経済界に身を置いていた時に、巨大ホストシステムの更新・入替に1000億円近く掛けて取り組んだ際に関連して少し担当を致しました。
このような最先端技術を進める際に大切な事は、如何なるシステムを作るかの枠組み作りで、世界の実態把握と技術の進捗を複合的に捉える事ですね。
激し過ぎる世界競争。立ち向かう際にワクワクします。
この分野は、自ら世界に先駆けるほどの、情熱と元気と知恵と資金と協力が必要になります。
先陣を切って立ち向かいます。

経済産業関芳弘副大臣へのブリーフィング(2019/6/13)