益田市職員・益田市企業へのだれでもわかるIoT教育セミナー

松下村塾は、江戸時代末期に、長州萩城下の松本村に存在した私塾で吉田松陰は、「学は人たる所以を学ぶなり。塾係くるに村名を以てす。」
この格言の現代語訳は、「学ぶのは知識を得るためでもなく、職を得るためでもなく、己を磨くため。お役に立つためでも、役目を果たすためでもなく、 世の中の為に己がすべきことを知るため。」と説きました。
アーキテクトグランドデザイン株式会社のだれでもわかるIoT教育セミナーは、平成時代末期に、島根県益田市の市職員(島根県や地元企業、県外関係者も含む)アーキテクトがデジタル松陰として「非常識の中にこそ、解がある。」とスマートシティのあるべき姿の未来戦略を説いています。

世界トップランナーの未来都市「益田市」の実現に向けて、だれでもわかるIoT教育セミナーのミッションは、「日本一IoTに精通した行政マン目指す」とし、官民連携のプロジェクトを円滑に行う事を目的としています。
益田市長の命で益田市の全職員はこのセミナーを受講しています。
講師は、アーキテクトグランドデザイン株式会社(MCSCC専務理事)アーキテクトが担当しています。

* 2016/10/27 益田市スマートシティプロジェクト創出提案@島根県益田市
* 2017/03/31 第1回益田市セミナー「IoT産業で益田市を活性化」
* 2017/09/27 第2回益田市セミナー「IoTテストベッド開始(域内・域外企業連携)
* 2017/10/27 第3回益田市セミナー「地域社会とのIoTプロジェクト連携」
* 2017/12/21 第4回益田市セミナー「IoT産業による地方創生(経済・人口流動化)⇒人口拡大」
* 2018/02/02 第5回益田市セミナー「IoT産業で益田市のブランド化」
* 2018/05/16 第6回益田市セミナー「IoT産業で益田市を活性化」
* 2018/10/03 第7回益田市セミナー「IoT産業で益田市が世界で注目」
* 2019/02/13 第8回益田市セミナー「日本政府が益田市のスマートシティ益田市に注目」
* 2019/05/13 第9回益田市セミナー「益田スマートシティ構想レビュー」
* 2019/07/25 第10回益田市セミナー「国土交通省スマートシティ事業レビュー」

第10回益田市セミナー